イメージ画像

各金融会社の条件を満たせば主婦でもカードローンを組むことは可能です。 当サイトに掲載されているおすすめカードローンの審査に申込んでみてください。

主婦でもカードローンを申し込めるのか

近年、貸金業法の総量規制が改正されたことによって、主婦の方がカードローンを申し込めるのかということについては、あやふやになっている部分が見受けられます。

しかし現状の法律では、消費者金融のカードローンの場合はカードローンを申し込むことが出来ません。 これは、「本人に収入がない」という場合に限られていますので、本人がアルバイトやパートなどで収入を得ている場合は主婦でもカードローンを申し込むことが出来ます。

そのため、専業主婦などで本人に収入がないというケースでは、カードローンを申し込むことが出来ませんので注意して下さい。

そして、専業主婦でもカードローンを利用する方法としては、「銀行系のカードローンに申し込みをする」ということです。

銀行からの借り入れに関しては総量規制の対象外となっているので、夫が十分に稼いでいる場合は夫の収入や社会的なステータスを考慮して審査をしてもらえるので、借り入れができるということになります。

ただし、この場合は夫が許諾するということが求められているので、「誰にも知られずに借りる」ということが出来ません。

総量規制が改正される前までは、専業主婦でも問題なく申し込みをして借り入れをすることが出来たのですが、法改正されてからは、キャッシング会社や消費者金融に関しては「本人の収入」が最も大切になっています。

そのため、アルバイトでもパートでも派遣社員でも、本人が収入を得ているのなら問題なく借り入れができるということになっています。

カードローンの種類や金利、返済方法、その他特徴など

カードローンを利用しないと行けない状況になった際に、大切なのは、「どのプランで借り入れを申し込むのか?」ということになります。

キャッシング会社が提供している借り入れのプランには様々な内容のものがあります。 ほとんどの方が利用するのは、借り入れしたお金をどのような目的に使用してもいい「フリーカードローン」という内容のプランが多くなっていますが、特定の目的にのみ使用するという条件で借り入れをすることが出来る「条件付きカードローン」では金利が優遇されていたり、審査のハードルが下がっていたりすることもあります。

そのため、何のために使用するのか明確に分かっていて、さらにその目的に合っている借り入れプランがあった場合は、そちらのプランを利用したほうが良いでしょう。

目的別のカードローンとは?

キャッシング会社が展開している目的別のカードローンというのは、利用者の目的によって融資のパターンが異なるタイプのローン商品となっています。

よくあるプランとしては、

・結婚、出産に関するカードローン
・教育や受験後の引っ越しに関するカードローン
・車を購入する際のカードローン
・医療を受ける際のカードローン
・旅行やレジャーなどの費用に関するカードローン

これらのプランは、どこのキャッシング会社にも用意されているカードローンとなっています。

目的別のカードローンの特徴としては、フリーのカードローンと比べて限度額が低く設定されている代わりに、金利面で優遇されているケースが多くなっています。

通常のフリーのカードローンでは、50万円以下の借入の場合、ほとんどのケースで年利が18.0%となっていることが多いですが、目的別ローンで50万円の借り入れをした場合、12.0%~17.0%程度になっていることが多くなっています。

この金利についてはカードローンを展開しているキャッシング会社や利用者のステータスによって大きく異なることになりますので、確かではありませんが、フリーのカードローンと比べると返済に関して優遇されていることが多いです。

目的別ローンを利用するためにはどうすればいいのか?

キャッシング会社を利用する際に、目的別のローンを利用するためには目的に沿った見積書や請求書、診断書などを提出しなければいけません。

通常のフリーカードローンの場合は、本人確認書類と収入証明書類だけを提出するということになりますが、目的別ローンの場合は、「何の目的でどれぐらいの金額が必要なのか?」ということを書類で提出しなければならないということになります。

その際に用いられる書類が、費用を算出した見積書や、費用の請求額が記載されている請求書となっていて、出産費用の場合は母子手帳、車の購入費用などの場合は自動車検査証などの提出が求められることがあります。

これは、嘘や誤魔化しを防ぐという目的があり、実際に目的のために使用するのなら簡単に用意できる書類となっています。

フリーのカードローンと違って目的別ローンの場合は、使用用途が固定されているカードローンとなっているので、目的以外に使用した場合にはペナルティが発生するケースも存在します。

目的別ローンとフリーカードローンとの申し込みに関する違いについて

目的別ローンとフリーのカードローンでは、申し込みの手順は変わりませんが、必要書類の提出方法が少々異なります。

フリーのカードローンでは、書類提出が必須となっていますが、基本としては本人確認書類のみとなっていて、高額な限度額を希望していたり、既に他社からのキャッシングを利用していたりする場合は収入証明書類の提出が求められることがあります。

そして、目的別ローンの場合は、最初の審査を行う時点で目的に使用する金額が記載されている書類の提出が求められることが基本となっていますので、フリーのカードローンのように突発的に申し込みをするということが難しくなっています。

そのため、フリーのカードローンの申し込みに比べると前準備に時間がかかることが多くなっているのが特徴となっています。

しかし、前準備をしっかりとして、現時点の収入や貯蓄から考えるとどれくらいの金額が足らないからキャッシングを利用させて欲しいということを審査の際にキッチリと伝えることが出来て、返済能力を有しているのならフリーのカードローンと比べて審査に通過しやすいという側面も持っています。

目的別ローンは金利面でも優遇されていることが多いので、使い道が決まっているキャッシングをするのならフリーのカードローンよりも目的別ローンの方が優れているということになります。

必要書類が用意できない場合はフリーのカードローンで申し込むといい

目的別ローンを利用する際の注意点としては、必要書類の提出が条件となっているということにあります。 そのため、書類が用意することが出来ないという場合は、フリーのカードローンに申し込みをすると良いでしょう。

フリーのカードローンの審査でも使用用途について聞かれることになりますが、その際に目的別ローンに申し込みをしたかったが、書類を用意することが出来なかったという旨を伝えれば問題ありません。

フリーのカードローンは、使用用途について制限がなく、目的別ローンに比べると遥かに高額な限度額を設定されることになりますが、金利の面で目的別ローンに劣るということになります。

銀行のカードローンでも目的別ローンは存在する

キャッシング会社ではなく銀行からのカードローンでも目的別のローンは存在します。 銀行の場合はキャッシング会社よりも審査が厳しくなっていることが多いですが、その代わりに金利がキャッシング会社から借り入れをした際に比べて低くなっていることが多く、限度額の設定に関しても高めに設定されていることが多いために、審査に通過することが出来ればメリットが大きくなっているのが特徴となっています。

銀行の目的別ローンの場合は有担保ローンが設定されていることもあります。 これは、担保を設定して融資を受けるということになりますので、評価額以下の融資の場合は問題なく借りられることが多いですが、返すことが出来なかった場合は担保を取り上げられることになりますので気をつけて下さい。

このページの先頭へ